閉じる
  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
閉じる

高血圧にはオルメテックがおススメ!

高血圧は生活習慣の乱れや飲酒、喫煙などによって起こります。治療としてはオルメテックなどの降圧剤を服用し血圧を下げます。当サイトではオルメテックの作用や副作用などについて詳しく説明していきます。また、他の高血圧治療薬や高血圧にならないための食事や高血圧になった際におこる合併症などについてもご紹介していきます。

高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果をもたらすベータブロッカーことβ遮断薬のグループに属しており、狭心症の発作の抑制や不整脈の治療にも使われています。β遮断薬は心臓の拍動を…

高血圧治療薬のノルバスクはカルシウム拮抗薬という系統に属し、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁に流入するのを阻害することで効果的な降圧作用をもたらします。高血圧治療の第一選択薬とされるカルシウム拮抗薬の中でもノルバスクは最も多く処…

オルメテックを内服する際に注意する点があります。それは他の薬との飲み合わせです。ひとつは利尿剤です。利尿剤のなかには血清カリウム値を上昇させるものがあります。オルメテックも血清カリウム値を上昇させる作用があるため高カリウム血症に…

オルメテックは、ACE阻害薬に特異的にみられる咳の副作用がない薬で、アンジオテンシンIIの働きを直接的に阻害して高血圧に作用する働きをもっており、略称はARBとなっています。オルメテックは比較的安全に服用できる薬として知られていますが、…

高血圧治療薬のオルメテックは略称ARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬というグループに属する降圧剤です。有効成分オルメサルタンメドキソミルの効能で体内で血圧上昇に関わるアンジオテンシンIIと呼ばれる物質の働きを阻害することで効果を発…

ピックアップ記事
  1. 高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果…
  2. 高血圧治療薬のノルバスクはカルシウム拮抗薬という系統に属し、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁…
  3. オルメテックを内服する際に注意する点があります。それは他の薬との飲み合わせです。ひとつは利尿剤で…
ページ上部へ戻る