閉じる
  1. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
  2. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
閉じる

高血圧にはオルメテックがおススメ!

血圧計と医薬品

高血圧治療薬のオルメテックは略称ARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬というグループに属する降圧剤です。
有効成分オルメサルタンメドキソミルの効能で体内で血圧上昇に関わるアンジオテンシンIIと呼ばれる物質の働きを阻害することで効果を発揮します。
オルメテックはARB屈指の強力な降圧効果を持つとされ、アンジオテンシンIIをブロックすることは心臓や腎臓の機能を保護することにも役立つため、臓器を守りながら高血圧への長期維持療法が続けられる薬です。

オルメテックが阻害するRAA系という血圧上昇システムは本来血圧が下がった時に血圧を上昇させますが、誤作動を起こして血圧を上げ続け高血圧状態を招いてしまいます。
RAA系の最終段階で働くアンジオテンシンIIには2種類の受容体があり、オルメテックは2つのうち血圧上昇と心臓の肥大に関わる受容体のみを選択的に阻害することから、余分な作用は及ぼさずに血圧をしっかり下げます。
降圧剤は飲み合わせに注意すべき薬が少なくありませんが、オルメテックは比較的ほかの薬との相互作用が少ない特徴も持ちます。

オルメテックをはじめARB系統の薬が持つ臓器保護作用もアンジオテンシンIIをブロックすることで実現しています。
アンジオテンシンIIは血圧上昇だけでなく心臓や腎臓の筋肉を線維化という硬化状態にしてしまうため、それを阻害して臓器の機能低下を防ぎます。
腎臓が傷んで機能できなくなる腎不全は高血圧が発症の引き金になることから、オルメテックはダブルの効果で腎不全の予防に役立っていると言えます。
オルメテックを含むARBは心不全に対しても有効性を持つため慢性心不全治療の第一選択薬にもなっています。

オルメテックは1日1回の服用で24時間血圧を下げる効果を保つ持続性の高さも持っており、効果の確かさと服用しやすさによって多くの高血圧症患者の治療に使われるようになった降圧剤です。
有効成分と同名のオルメサルタンの名を冠したジェネリック医薬品も数多くの製薬メーカーから販売されており、沢井製薬のOD錠などが知られています。
他の薬との相互作用が少ないとされるオルメテックですが、医師の指示や用法用量をきちんと守って服用してこそ良い効能を安全に役立てて、心臓や腎臓を守りながら有効に血圧を下げることができます。

オルメテックのジェネリックについて

オルメテックはアンジオテンシンII受容体拮抗薬の中でも比較的新しい第2世代に属し、強力な降圧作用や心臓や腎臓を守る臓器保護作用を持つ上、安全性にも優れた高血圧治療薬として長期維持療法に役立てられています。
降圧剤の中でも特に処方数を増やしているオルメテックは有効成分オルメサルタン・メドキソミルを使ったジェネリック医薬品の人気も高いのです。
多くの製薬メーカーがオルメサルタンの効能を生かしたジェネリックを製造販売するようになっています。

沢井製薬が発売したオルメテックのジェネリックとなるオルメサルタンOD錠は先発のオルメテックが持つ高い効能や持続性はそのままに、水なしで服用することができる便利なジェネリックとして登場しました。
食後に飲み忘れてしまい水を持たずに電車に乗った時などにもすぐに飲める便利さがあります。
ジェネリック医薬品は先発薬の有効成分を役立てながら各製薬メーカーが飲みやすさに工夫を凝らすなどして製造しているため、先発薬よりも安価ということに加えて錠剤の服用に苦手感を持つ人にも向くタイプも登場しています。

オルメテックと成分量が同じであればジェネリックでもオルメサルタンの有効性は同等とされていますが、違って来るのが錠剤などの形にする過程で有効成分に加えられる添加物の種類です。
使われるでんぷんの種類にはトウモロコシやジャガイモなどがあり大豆レシチンや牛乳のカゼインなどが利用されているものあります。
食物アレルギーを持つ人はジェネリックに変更する際に製薬メーカーごとの添加物の成分をチェックする必要があります。
錠剤のタイプや添加物の種類によっては効き目の現れ方に違いが出て来ることもあり、疑問点が出て来た場合は医師や薬剤師にしっかり相談しておくほうが安心です。

おすすめ記事

  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
ピックアップ記事
  1. 高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果…
  2. 高血圧治療薬のノルバスクはカルシウム拮抗薬という系統に属し、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁…
  3. オルメテックを内服する際に注意する点があります。それは他の薬との飲み合わせです。ひとつは利尿剤で…
ページ上部へ戻る