閉じる
  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
閉じる

高血圧治療薬アダラートの効果について

アダラートはカルシウム拮抗薬という系統の降圧剤で、有効成分ニフェジピンが血管を収縮させ、カルシウムイオンが流入口から血管壁に入るのを阻害して働き出すのを抑え、血管を拡張して降圧効果をもたらします。
血管にダイレクトに作用して効果的に血圧を下げて他の器官に影響しにくいカルシウム拮抗薬は、効き目の確かさと安全性の高さによって高血圧治療で最初に処方される第一選択薬となっており、狭心症の治療にも使われています。
脂質代謝や糖代謝などにも影響を及ぼしにくいとされることから、高脂血症や糖尿病といった合併症がある高齢者にも投与量を調節しながら処方される薬です。

血管を広げて血圧を下げるアダラートの作用は心臓の血管だけでなく脳や腎臓、目の網膜といったさまざまな部位の血流も改善に導くことから、高血圧や狭心症以外の治療に役立てられることもあります。
アダラートをはじめカルシウム拮抗薬は心臓に栄養を送る冠動脈も有効に拡張するため、冠動脈が狭くなって起こる狭心症治療にも効果を発揮します。
さらにアダラートには血小板のはたらきを抑えて血液を固まりにくくする作用もあり、血管内で血液が固まって血栓ができるのを防ぐことで狭心症の改善に役立ち、心筋梗塞のリスクを減らすことにも貢献しています。

アダラートは初期タイプから改良を重ねられてきた薬で、当初は素早く効いて強い降圧効果を持つものの急激に効き過ぎて頭痛や頻脈、めまいなどの副作用が出やすく高血圧治療に大切で安定した持続性にも欠けていたため、問題点を改良し初代より効き目が穏やかで持続性があるアダラートLが開発されました。
現在はL錠をさらに改良したアダラートCRが多く処方されるようになっています。
初代で出ていた副作用をしっかり抑え、安定した穏やかな降圧作用が長時間続くよう改良され1日1回の服用で24時間効果が持続する薬になりました。

アダラートも他のカルシウム拮抗薬同様にグレープフルーツとの相互作用で血圧が下がり過ぎる副作用が出るため、グレープフルーツやスウィーティー、夏みかん等の同時摂取は不可となっています。
温州みかんやレモン、オレンジはアダラートに影響を及ぼさない柑橘類です。
飲み合わせにも注意すべき薬も少なくないため、他の薬を服用する際は医師や薬剤師に相談することが大切です。

高血圧治療薬アダラートの副作用について

アダラートは一般名はニフェジピンといい、心臓や体の血管を広げて血流をよくする薬で、高血圧薬では第一選択される薬です。
安定した効果を発揮する持続タイプの製剤が用いられます。
副作用は少なく、血糖・尿酸・脂質などには影響しないため、とくに合併症の多い高齢者には適した高血圧治療薬です。

アダラートの副作用として比較的多いのは、顔のほてり・頭痛・動悸・めまいなどがあります。
特に短時間型の錠剤の副作用として多く見られるようです。
徐々に慣れて改善することが多いのですが、ひどい時には早めに医師への相談が必要となります。
特に胸が痛むようでしたらすぐに受診したほうがよいでしょう。

長く飲み続けた場合には、足の甲がむくんだり歯茎が腫れてくることがあります。
歯茎の腫れは口内を清潔に保つことである程度予防可能ですので、よくブラッシングをしましょう。

アダラートの副作用は初期のものよりだいぶ改善されてきたため、重い副作用はめったにありません。
しかし、短時間型の製剤では急激な血圧低下による一過性の意識障害を起こす危険性もありますし、血液障害や肝障害も報告されています。

製剤を飲み始めた時の初期症状では次のことに注意が必要となります。
過度の血圧低下によるめまい・ふらつき・立ちくらみ・冷感・吐き気・嘔吐・失神があります。
また、皮膚等への副作用としては、重い皮膚や粘膜障害・発疹・発赤・水ぶくれ・うみ・皮がむける・皮膚がむける・皮膚の熱感や痛み・かゆみ・唇や口内のただれ・喉の痛み・目の充血などです。

血液成分への副作用には、重い血液成分の異常による発熱・喉の痛み・口内炎・皮下出血・鼻血・歯茎出血などの出血傾向がみられます。
また、肝臓への副作用としては、だるさ・食欲不振・吐き気・発熱・発疹・かゆみ・皮膚や白目が黄色くなる・尿が茶褐色などの症状があります。
さらに、これも滅多にはありませんが、男性の胸が膨れるという副作用も報告されています。

いずれかの症状がみられたら医師に早急に相談してください。

おすすめ記事

  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
ピックアップ記事
  1. アダラートはカルシウム拮抗薬という系統の降圧剤で、有効成分ニフェジピンが血管を収縮させ、カルシウムイ…
  2. ミカルディスはARBとも称されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬という系統の高血圧治療薬です。有…
  3. 高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果…
ページ上部へ戻る