閉じる
  1. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
  2. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
閉じる

高血圧治療薬ノルバスクの効果について

高血圧治療薬のノルバスクはカルシウム拮抗薬という系統に属し、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁に流入するのを阻害することで効果的な降圧作用をもたらします。
高血圧治療の第一選択薬とされるカルシウム拮抗薬の中でもノルバスクは最も多く処方される降圧剤となっており、血圧を下げる効果の確かさに加え数ある降圧剤の中でも安全性への信頼が特に高い薬と言われます。
作用時間が長いことから1日1回の服用で効き目が24時間続くという利点も持っています。

ノルバスクをはじめとするカルシウム拮抗薬は、血管平滑筋細胞に存在するカルシウムチャネルと呼ばれるカルシウムイオンの流入口をブロックすることで流入を阻止して血管平滑筋が収縮するのを防いで血管を拡張させます。
血管拡張作用に特化して血圧を下げるため他の器官への影響が少なく、別系統の降圧剤よりも副作用が起こりにくいとされています。
さらにノルバスクはカルシウム拮抗薬の中でも初期の世代から改良を重ねてつくられた第3世代に属しているため、とりわけ安全性が高い薬として信頼されています。

ノルバスクは有効成分アムロジピンベシル酸塩の働きでカルシウムチャネルをブロックして血管収縮を防ぐ効果をもたらします。
カルシウムチャネルの阻害にあたってL型・T型・N型という3種類のカルシウムチャネルの中から、特に血管にかかわるとされるL型への選択性が高いという特徴があります。
第3世代のカルシウム拮抗薬ノルバスクは、T型やN型のカルシウムチャネルへの影響を抑え、副作用を低減させながら効果的に血圧を下げる降圧剤として生み出されました。

ノルバスクの血管を拡張させる作用は冠動脈の拡張にも効果を発揮することから、狭心症の治療にも使われています。
ノルバスクの有効成分アムロジピンベシル酸塩の作用時間は非常に長く、ゆっくりと効き始めて安定した効果をもたらすことから、狭心症の発作など急性期の治療には不向きと言われます。
ノルバスクは狭心症の発作が起こらないよう予防に有効活用される薬です。

高血圧治療薬ノルバスクの副作用について

カルシウム拮抗薬であるノルバスクは高血圧やそれに伴う諸症状を広く改善してくれますが、それによって起きる副作用もいくつかあります。
ノルバスクの副作用の多くは、有効成分アムロジピンベシル酸塩の血管拡張効果によるものです。
まず、ノルバスクを飲んだときによく見られる副作用として、顔面の紅潮やほてり・頭痛などがあります。
これらは、有効成分アムロジピンベシル酸塩が頭部の血管を拡張してしまうためです。

また、動悸やめまい・ふらつきなども比較的起こりやすい副作用です。
これは、ノルバスクの服用により血圧が下がりすぎることによって引き起こされます。
薬を飲み続けているうちに普通これらの副作用にはだんだん慣れていきますが、場合により意識低下や眠気などを起こしてしまうこともあるため、高所で作業をしたり自動車の運転などをする際には十分な注意が必要です。

そのほかのノルバスクの副作用としては、吐き気やだるさ・食欲不振などを起こす人がいます。
とくに肝機能のよくない人ではこうした副作用が起こりやすいために注意してください。
ノルバスクは作用時間が長いため、効果と同様に副作用もゆっくりと現れます。

しかし、薬の飲み合わせや食べ合わせによってはノルバスクの副作用が強く出てしまう場合があります。
抗生物質のエリスロマイシンやクラリスロマイシン、抗真菌薬のイトコナゾールなどを服用している人は、有効成分アムロジピンベシル酸塩の血中濃度が高まり副作用が強まってしまう危険性があります。
狭心症の薬などを服用している場合にも併用には十分に注意するようにしてください。

グレープジュースやアルコールを飲むことも、ノルバスクの服用中には避けたほうが良いでしょう。
これらといっしょにノルバスクを飲むことで、眠気やだるさ・脱力感などが出やすくなります。

おすすめ記事

  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
ピックアップ記事
  1. 高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果…
  2. 高血圧治療薬のノルバスクはカルシウム拮抗薬という系統に属し、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁…
  3. オルメテックを内服する際に注意する点があります。それは他の薬との飲み合わせです。ひとつは利尿剤で…
ページ上部へ戻る