閉じる
  1. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
  2. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
閉じる

高血圧治療薬ミカルディスの効果について

ミカルディスはARBとも称されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬という系統の高血圧治療薬です。
有効成分テルミサルタンが人体の血圧上昇システムRAA系の作用を途中で阻害することで効果を発揮します。
ARBグループに属する降圧剤は、ACE阻害薬で生じやすかった空咳の副作用を抑えた薬として開発されました。
その中でも新しいタイプとなるミカルディスは、とりわけ多くのメリットを持つ薬として重宝されています。

ミカルディスの有効成分テルミサルタンは、RAA系が作用する過程でアンジオテンシンIIという物質が受容体と結合して血圧を上昇させる前に、受容体をブロックすることで働きを阻止します。
アンジオテンシンIIは血圧を上げるだけでなく、心臓や腎臓が機能低下を起こす原因になる筋肉の線維化を促進します。
ミカルディスの作用はそれを防ぐことにも繋がるため、高血圧の影響から心臓などを守る臓器保護作用にも優れた効果を持つ降圧剤になっています。

テルミサルタンは服用後に血中で薬の濃度が半分になる半減期が20~24時間と長く、1日1回の服用で丸一日以上安定した降圧効果をもたらすため、夜中や明け方に発症リスクが高まる心筋梗塞や脳梗塞を予防することにも役立つとされます。
血圧を効果的に下げる作用を長時間安定的に持続させ、臓器保護作用によって心臓や腎臓の機能を守り、副作用が少ないARB薬として登場したミカルディスは、高血圧の長期維持療法に適した薬として年々処方数を増やしています。

ミカルディスはARB薬の中でも血糖値を改善させる効果が強いとされ、単独で糖尿病治療に使われるわけではないものの糖尿病を併発している高血圧の人はミカルディスの服用で血糖値を改善させ糖尿病の症状を抑えることにも繋げられます。
良い点ばかりのミカルディスも飲み合わせの悪い薬がいくつかあり、医師の指示を守って服用することが肝心です。
服用し始めにめまいや立ちくらみが起こることもありますが徐々に身体が慣れてくるとされ、長く安心して飲み続けられる薬となっています。

高血圧治療薬ミカルディスの副作用について

ARB系統の高血圧治療薬の中でも比較的新しいタイプのミカルディスは、有効成分テルミサルタンの働きでRAA系においてアンジオテンシンIIが受容体と結合するのを阻害して降圧効果をもたらします。
ミカルディスは血圧を効果的に下げるだけではなく心臓や腎臓などを高血圧の悪影響から守る臓器保護作用や血糖値改善効果なども備えています。
ACE阻害薬に多くみられる空咳の副作用も抑え全体的に他の副作用も少ない降圧剤として高血圧症の長期維持療法に役立てられています。

ミカルディスのようなARB系に限らず高血圧治療薬は服用を開始し始めた頃にめまいや立ちくらみ、頭痛や倦怠感といった副作用が出ることがあり、車の運転や高所での作業などは避けた方が良いとされます。
身体が薬に慣れるにつれて初期の副作用は減少すると言われていますが、症状がひどい場合は医師への相談が必要です。
高血圧治療薬は飲んだことを忘れて直後にまた服用してしまうと血圧が下がり過ぎて激しいめまいや立ちくらみが起こるため服用時に注意することが大切です。

ミカルディスは医師の指示や用法用量を守って服用を続けている限り重篤な副作用は起こりにくいとされています。
アルドステロンという体内のナトリウムを増やしてカリウムのほうを減らす作用を持つホルモンの働きを阻害するため、カリウム量が増えて起こる高カリウム血症を誘発する心配があります。
そのため定期的な血液検査による肝機能・腎機能・カリウム量などのチェックが重要となります。
場合によっては重篤な症状となる副作用ではほかに血管浮腫があり皮膚が腫れる症状のため、のどに起こると呼吸困難になる恐れがあり、万が一息苦しさを感じた際はためらわずに救急車を呼ぶべきとされています。

おすすめ記事

  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
ピックアップ記事
  1. ミカルディスはARBとも称されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬という系統の高血圧治療薬です。有…
  2. 高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果…
  3. 高血圧治療薬のノルバスクはカルシウム拮抗薬という系統に属し、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁…
ページ上部へ戻る