閉じる
  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
閉じる

高血圧治療薬メインテートの効果について

高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果をもたらすベータブロッカーことβ遮断薬のグループに属しており、狭心症の発作の抑制や不整脈の治療にも使われています。
β遮断薬は心臓の拍動を促す神経伝達物質が心臓のβ受容体に到達する前にブロックし心拍数が上がるのを防止して血圧上昇を防ぎます。
心臓のβ1受容体のみブロックする心臓選択性と呼ばれるタイプのβ遮断薬であるメインテートは気管支への影響が少ないことで重宝されている降圧剤です。

β受容体は1種類だけでなく心臓にβ1受容体があり気管支にはβ2受容体が存在するため、β遮断薬が両方の働きを阻害してしまうことで気管支に副作用が生じてしまいます。
メインテートは心臓にあるβ1受容体だけをブロックして気管支のβ2受容体への阻害は行わないことで気管支への影響が極力抑えられており、呼吸器系の持病がある人の降圧剤としても利用できます。
β1受容体とβ2受容体双方をブロックするタイプのβ遮断薬もあり、症状や持病の種類によって最適な薬が選ばれます。

メインテートをはじめとするβ遮断薬は心拍を抑制して降圧効果を発揮することから、心臓を休める作用にも優れていいる薬です。
そのため心臓の働き過ぎで発作が起こる狭心症や、脈拍が早過ぎる頻脈のせいで弱い拍動が繰り返されて血液が十分に送られなくなってしまう不整脈の治療にも役立てられています。
メインテートは心不全には禁忌とされて来ましたが、一部の慢性心不全で症状によっては有効な作用をもたらすことが知られるようになり、専門医の慎重な判断のもとに使われるケースが出て来ています。

β1受容体のみブロックするメインメートですが気管支への副作用が皆無ではないため気管支ぜんそくといった慢性呼吸器疾患がある人や糖尿病の人には慎重に処方されます。
降圧剤だけに日ごろから血圧が低い人は服用不可で、小児や65歳以上の人も注意すべき薬です。
胎児の徐脈や血糖値低下が懸念されることから妊娠中の人は禁忌とされており、授乳中の人にもメインテートではなく別のベータブロッカーが使われます。

高血圧治療薬メインメートの副作用について

メインテートは心臓の拍動を促す神経伝達物質をブロックして血圧が上がるのを防ぐβ遮断薬グループの中でも、心臓にあるβ1受容体だけを選択的に阻害する心臓選択性の降圧剤であることから気管支への副作用が少ないことで知られています。
メインテートの有効成分ビソプロロールフマル酸塩は心拍数が上がるのを抑えて効果的に心臓を休める働きを持つことから、高血圧治療のみならず狭心症の発作予防や不整脈の治療にも役立てられていますが、脈が遅くなる徐脈という副作用が起こるケースがあります。

メインテートの副作用として挙げられているのは徐脈の他めまいや息切れ、むくみや倦怠感がありますが、いずれも徐脈によって血液循環が遅くなり全身に送られる酸素が隅々まで行き渡りにくくなって起こります。
メインテート服用後にめまいや息切れが出た際は徐脈が生じている恐れがあるため早めに医師に相談する必要があり、徐脈を含めて心拍数の乱れや心リズム障害を起こしやすい高齢の人は特に注意すべきと言われています。
心臓選択性で気管支に影響しにくいメインテートであっても、元々ぜんそくのある人は発作の誘発に気を付けておくことが大切です。

メインテートの副作用に最も注意を払うべきは慢性心不全の治療を受けている人で、特に服用し始めや増量した時に常以上に体調の異変に気を付けておく必要があります。
めまいや息切れ、倦怠感や息苦しさの他むくみなど徐脈によるものと考えられるような異常が発生した際はすぐに主治医に連絡することが重要です。
慢性心不全では重篤な副作用である心不全の発症確率が7パーセントと言われ、医師の指示を厳重に守って服用を続けることはもちろん、些細な異変も見過ごさないことが副作用の悪化を防ぎます。

おすすめ記事

  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
ピックアップ記事
  1. 高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果…
  2. 高血圧治療薬のノルバスクはカルシウム拮抗薬という系統に属し、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁…
  3. オルメテックを内服する際に注意する点があります。それは他の薬との飲み合わせです。ひとつは利尿剤で…
ページ上部へ戻る