閉じる
  1. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
  2. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
閉じる

高血圧症治療オルメテックの副作用について

注意を促す女性

オルメテックは、ACE阻害薬に特異的にみられる咳の副作用がない薬で、アンジオテンシンIIの働きを直接的に阻害して高血圧に作用する働きをもっており、略称はARBとなっています。
オルメテックは比較的安全に服用できる薬として知られていますが、勿論副作用の注意喚起は行われています。

オルメテックの副作用として、重大な症状は以下の症状などがあります。

  • 不快感
  • 発汗
  • 口内異常感
  • 蕁麻疹
  • 呼吸困難
  • 全身潮紅
  • むくみ
  • 高カリウム血症
  • ショック状態
  • 血圧低下
  • 失神、意識消失
  • 冷感
  • 嘔吐
  • 黄疸
  • 低血糖
  • だるさ
  • 空腹感
  • 手の震え
  • 集中力低下
  • 痙攣

低血圧になり過ぎることで、ASTの上昇やGOTの上昇・肝機能障害などの副作用も報告されています。

その他の副作用として、腹痛・過敏症・発疹・貧血・めまい・立ちくらみ・ふらつき感・頭痛・頭重感・下痢・白血球の増加・眠気・心房細動・動悸・尿蛋白陽性・尿沈渣陽性・脳梗塞などがあります。
最悪の場合死に至る危険性もありますので、服用の際にはご自身の健康状態や、服用している薬の確認そして担当医師との相談を行いましょう。

また、オルメテックは妊娠している方にも影響を及ぼす可能性があります。
具体的に述べると羊水過少症・出生仔腎盂拡大・出生仔体体重減少・出生仔体体重増加抑制・生後分化遅延などの副作用の報告があります。
このようなことから、妊娠している方の服用は禁止されています。

オルメテックは、妊娠されている方の他にも糖尿病を患っていてアリスキレン(ラジレス)を服用している方も服用禁止の注意が行われています。
腎動脈狭窄ある方・高カリウム血症の方・重い肝臓病を患っている方、脳卒中を起こしたことのある方、血液透析中の方、減塩療法中の方、脱水時、手術前、高齢の方などは服用の際は十分な注意が必要です。
高血圧を軽減させる作用があり、安全に服用できる薬ではありますが、必ず薬の用法を確認し、しっかり説明書を読みましょう。

オルメテックは副作用が軽減されている薬

オルメテックはACE阻害薬で問題視されていた空咳の副作用を抑えた高血圧治療薬として登場したARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬に属しています。
そのARBの中でも比較的新しい第2世代の降圧剤ということで全般的に副作用が起こるリスクが軽減されています。
臓器保護を行いながら効果的に血圧を下げ、重篤な副作用の心配が少ないことから高血圧症の治療に広く役立てられるようになっている降圧剤です。

オルメテックをはじめとするARBグループの薬が空咳の副作用を起こしにくい降圧剤になっているのは、同じRAA系という体内の血圧上昇システムを阻害して効果を発揮するACE阻害薬とは違う段階での阻害を行うからです。
ARBが阻害するのはシステムの最終段階で血圧上昇を行うアンジオテンシンIIの受容体との結合で、アンジオテンシンIIそのものの働きを抑えて効果を発揮します。
ACE阻害薬のほうはアンジオテンシンIをアンジオテンシンIIに変えるACEという酵素の働きを阻害します。
ACEは咳を抑える働きも持つためその作用まで弱められることで空咳が出るようになってしまいます。
ARBはACEには影響を及ぼさない降圧を実現した薬です。

ARBグループ第2世代のオルメテックはさらに副作用を抑えた降圧剤として処方数を増やしています。
服用し始めの身体が薬効に慣れない時期に頭痛やめまい、だるさといった副作用が出ることがあるとされ、徐々に慣れて来ると言われますがあまりに症状がひどい場合は医師への相談が必要です。
めまいや立ちくらみは事故の心配もあるため急に立ち上がったりせず、飲み始めてすぐの頃は特に服用直後の車の運転や危険な機械の操作、高所での作業は控えた方が安心です。

おすすめ記事

  1. 高血圧症治療オルメテックの副作用について
  2. 高血圧にはオルメテックがおススメ!
ピックアップ記事
  1. ミカルディスはARBとも称されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬という系統の高血圧治療薬です。有…
  2. 高血圧治療薬メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きで、心臓の拍動を抑えることで降圧効果…
  3. 高血圧治療薬のノルバスクはカルシウム拮抗薬という系統に属し、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁…
ページ上部へ戻る